給付金を受け取れる

注射器B型肝炎に集団感染してしまった方は、国に対して給付金を請求することができます。裁判をして、和解をするというステップを経ることによって、給付金をもらうことができるのです。これは過去に国のせいで注射器の使い回しを防ぐことができずに集団感染した人がたくさん出てきたため、国が条件を満たす人に対して給付金を与えることになったのです。

この給付金は母子感染した人も受け取ることができます。ただし、集団予防接種によって感染した者から生まれた子供にのみ当てはまります。そのため、給付金の支給を受ける際には、自分の母親がキャリアであり、さらにそこから自分もB型肝炎になってしまったことを証明しなければいけないのです。さらに母親が集団予防接種によって感染したことも証明する必要があります。そのための資料を用意して裁判をすることになるのです。

この給付金には期限が存在しています。そのため、期限になる前に早めに訴訟をしなければいけないのです。自分から手続きをしなければいけません。国の方から給付金の案内を出すようなことはないのです。そのため、給付金を受け取れる条件を満たしているならば、すぐにでも訴訟をしましょう。症状によってはかなりのお金を受け取れます。