母子感染する

B型肝炎の特徴として母子感染する点はよく知られています。このせいで多くの感染者が増えてしまったのです。母親のウイルス量が多いとそこから産まれる赤ちゃんもB型感染している可能性が高いです。そして、感染した赤ちゃんはウイルスキャリアとなってしまいます。その結果として将来的には慢性肝炎になってしまったり、肝硬変や肝臓がんになってしまう可能性があるのです。

感染する時期としては、母親が陣痛の始まったときには感染してしまうとされています。そのため、出産してからできるだけ早く感染防止するための策をとる必要があるのです。生後12時間以内に防止策を始めることが望ましいとされています。

看護婦さん感染を防止するための方法としては、ワクチンの接種を行います。さらにHBIGというB型肝炎免疫グロブリンと呼ばれるものも注射します。また、母親がキャリアでなかったとしても、今では定期接種が行われるようになっています。

母子感染してしまうと赤ちゃんの血液や体液にウイルスが含まれている可能性があります。そのため、感染した赤ちゃんと接する機械の多い人にもワクチン接種が勧められています。

このようにB型肝炎の母子感染というのは今でも重大な問題とされており、感染を防止するための対策がしっかりと行われているのです。これも過去に多くの感染者を出してしまったためです。